京都大学「エコ~るど京大」を取材しました。

取材の感想

 「エコ~るど京大」に参加し、プロジェクトの企画や実施に携わった学生さんたちは、在学中にものすごく成長するのだろうと感じました。多くの人にSDGsを知ってもらい、暮らしや事業活動に取り入れてもらうため、学生だけでなく、京都市や企業とも議論を重ね、協力を引き出す経験は、はかりしれない成長をもたらすものと感じます。

取材日時 20201020日(火)10:3012:00
訪問先  京都大学(京都市左京区吉田本町)地球環境学堂学生室
対応者  浅利美鈴さん(京都大学地球環境学堂准教授)、奥野真木保さん(京都大学3回生)
取材   堀 孝弘(京都市ごみ減量推進会議)

まず、エコ~るど京大って何?

エコ~るど京大とは、学生と教職員の有志が主体のネットワーク。多くの人が楽しく考え、参加できる企画を通じて「持続可能なキャンパス」の実現を目指しています。学生に限らず社会人や小中高校生、など様々な世代を巻き込んだ活動を展開しています。
活動資金の大部分は、プロジェクトごとに助成金を獲得したり、企業から協賛金を得ることで賄っていて、参加メンバーから会費は取っていません。事務局は京都大学環境科学センター内にあります。

続きを読む

亀岡市環境事業公社「3Rキッズ・チャレンジ」を取材しました。

取材の感想

地域の小中学校、幼稚園、保育園(以下、学校)と信頼関係を築き、学校現場と打ち合わせを重ね、ニーズを聞き出したうえで、環境学習を実践しています。環境学習はひとつの手段。地元を愛し、地域の環境を大切にする人を育むことを目的に取り組んでいます。

取材日時 20201016日(金)13:2015:30
訪問先  公益財団法人亀岡市環境事業公社(亀岡市大井町)
対応者  塩尻知己さん(理事長)、上田賢さん、橋本麻里さん
取材   堀 孝弘(京都市ごみ減量推進会議)

始まりは2014

亀岡市は市街地周辺に多くの自然が残り、盆地と周囲の山がひとつの世界を構成しています。亀岡市環境事業公社は亀岡市内の家庭ごみ等の収集作業に携わる法人。市民のごみ減量意識や行動が定着すれば、皮肉なことに公社の仕事は減ります。人口減少もあり、ごみも減ってきましたが、大切なことは、ふるさとを愛する心、環境を大切にする人を育むこと。そのような人を増やす仕事はますます必要との思いから、2014年から、市内の学校への環境学習に取り組むことになりました。

続きを読む

SILK「イノベーション・キュレーター塾」を取材しました。

取材の印象

参加者自身の関心、社会課題、ビジネス性(収益)、この3つを、いずれも高い次元で実現できる人材育成を目指した講座です。その先にあるのは自己実現。受講費はそれなりの金額ですが、取材時までの5期、応募は毎回定員に達しています。参加者の関心は環境問題に限らず、多様な経験とスキルを持った人たちが集っています。

日 時:2019年10月29日(火)13:00~15:00
訪問先:京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK) 会議室
訪問者:松田直子,堀家沙里(認定NPO法人環境市民)

設立までの経緯

・「京都市ソーシャル・イノべーション・クラスター構想」の推進拠点として,公益財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)内に2015年4月に設置された。
・京都市ソーシャルイノベーション研究所(以下,SILK)は,市民,企業,NPO,大学等の多種多様な組織や個人が,京都で社会的課題の解決に挑戦することで,過度の効率性や競争原理とは異なる価値観を日本はもとより,世界にも広めることを目的としている。

続きを読む

京都大学森里海連携学教育研究ユニット「京と森の学び舎」を取材しました。

取材の印象

 対象年代を20〜40歳代に設定し、募集および受付もこの年代に限定するなど、どのような目的で、どのような人たちを育成したいか明確にした運営をしています。修了者には京都大学の研究ユニットのサポートがあり、講座修了者とともに発展したいという姿勢が、主催者から感じられます。

日 時:2019年8月27日(火)10:00~12:30
訪問先:京都大学 森里海連携学教育研究ユニット 赤石研究室
訪問者:松田直子,堀家沙里(認定NPO法人環境市民)

設立までの経緯

・地球環境問題の多くは,森林,河川,沿岸,海洋等の生態系間のつながりやこれら生態系と人間社会とのつながりが損なわれてきたために生じたのではないかという考察のもとに,これらのつながりを科学的に解明し,人と自然の関わり方を考え直すための新しい文理融合型学問として「森里海連環学」が生まれた。
・森里海連環学教育研究ユニットは,社会科学的な研究を行い,森里海の生態系の動きを基盤とした豊かな暮らしが,ダムや護岸工事等により分断されているので,由良川流域等をモニタリングしている。研究から得られたビッグデータを市民に伝え,社会と連携していく。

続きを読む

古材文化の会「京都市文化財マネージャー育成講座」を取材しました。

取材の印象

 実施主体である「古材文化の会」のミッションと歴史的建造物の保全といった社会課題、参加者の関心、これらの実現を目指す姿勢が見られます。講座の回数も多く、受講者にとってハードルもありますが、取材時までの12期連続、毎回ほぼ定員の応募があるとのことです。修了後の活躍の場づくりも魅力になっていると思います。

日 時:2019年10月28日(月)15:00~16:30
訪問先:認定NPO法人古材文化の会 事務所
訪問者:堀孝弘(京都市ごみ減量推進会議),松田直子,堀家沙里(認定NPO法人環境市民)

設立までの経緯

・日本の住宅の多くが建設しては短期間の使用で壊す,スクラップ・アンド・ビルドの傾向が強いことに危機感を持った永井規男前会長たちが,1992~93年度,京都府林務課の「木質廃棄物再資源利用促進体制整備事業」の「古材リサイクル検討部会」で古材リサイクルのあり方について検討を重ねた。終了後の1994年9月に部会員を中心に,全国組織「古材バンクの会」を結成した。
・古材の情報バンク,優れた木造建築の普及啓発,伝統的木造建築物の再生や再利用の促進等の活動を進め,2001年4月にNPO法人化を行い,2005年3月に組織名称を「古材文化の会」に改めた。

続きを読む

日本から海外への廃プラ輸出(中国とその他の国)

2018年初の中国の廃プラ禁輸を受けて

 図をクリックすると拡大します。

かつて中国は世界最大の廃プラ受入国でした。日本は2015年頃、年間約160万トンの廃プラを海外に輸出していましたが、そのうち約140万トンが中国向けでした。中国でも不衛生な施設での廃プラ再生による周辺環境汚染が問題になり、またリサイクル産業の高度化を目指す政府の姿勢もあり、2017年7月、その年の年末をもって外国からの廃プラ輸入を原則禁止することを宣言しました。
グラフでは中国向けを黄色(うちPETボトルは斜線入り)、その他の国・地域は青色で表しています。香港やマカオも含めていますので、2018年以降も中国は「0」になっていませんが、2018年を境に黄色と青色が逆転しているのがわかります。問題はどこに持って行くようになったか、です。

続きを読む

プラごみ排出量と海外輸出量

プラごみ輸出は大昔から行われていたわけではない

 図をクリックすると拡大します。

プラスチックは私たちの暮らしを便利で豊かなものにしてくれました。でも、プラスチックごみの排出量をみると、1980年頃、現在の4分の1程度でした。1980年から2000年までの20年間に排出量は3倍に増えました。少し遅れて、2000年頃からプラごみの海外輸出量も急増しました。

続きを読む

PETボトル回収率・リサイクル率の推移

回収率・リサイクル率は高くなったけれど…

 図をクリックすると拡大します。

PETボトルリサイクル推進協議会の資料をもとに作成しました。この図を見て「回収率やリサイクル率はこんなに高いんだ」と感じることもできますが、たった四半世紀(25年)で消費量が4倍に増えていることも見落とせません。

 

 

ハイムーン漫画から学ぶ環境問題5「役割分担?」

【ハイムーン先生の環境漫画の説明】

 かつて、日本は物づくりの国でした。しかし、現在の日本では多くの製品は海外で生産されたものを使っています。そして、ごみにしています。いまや、物づくりは、お隣中国や東南アジアの国々が担っています。皮肉なことに、日本で発生した廃棄物がそれらの国に輸出され製品の原材料となって循環しています。まるで、「物づくり」と「ごみづくり」を役割分担しているようです。

続きを読む

ハイムーン漫画から学ぶ環境問題4「矛盾環型社会」

【ハイムーン先生の環境漫画の説明】

巷では「循環型社会の構築」や、「資源を大切」にと、リサイクルが盛んになっていますが、一方では100円ショップやディスカウントショップが次々と出来て、安さゆえに使い捨てられる品物があふれています。循環型社会に矛盾する動きですね。

続きを読む